奥さんに必要な保障って

では、反対に専業主婦の奥さんが倒れたばあいはどうなるか。

基本的には「家計の収入」を支えていたわけではないので、少なくとも死亡保障は必要ないということになりますね。
場合によっては、奥さんが倒れたら家政婦さんを雇って家事をやってもらわなければならないなんて話を耳にしたこともありますが、それは本当に必要なことでしょうか。毎月高いお金を支払って、無駄を一生積み立てるくらいならば、その分貯蓄をして老後資金屋や子供の教育資金にしたほうがよっぽど家計の足しになると思うのは私だけでしょうか。

今の話は死亡保険の話でしたが、今度は入院保険。これは家族の中でだれが入院しても経済的打撃はやってきます。ですので、この入院に対する保障だけは家族全員分考えなければならない、ということになってきますね。保障を重複してかけているパターンで一番多いのがこの入院保障。一人の人にいくつか保険をかけていると、そのほとんどにこれが特約でついてきたりします。

この特約部分の金額って結構ばかにできないんですよ。逆を言えば、ここの重複を見直すだけで毎月の保険料を下げることだってできる場合があります。

これから具体的に奥さん、子供、ご主人それぞれどのような保障が必要なのかをちょっと説明していきたいと思います。

それでは奥さん。

先ほどの話にもありましたとおり、専業主婦でありご主人の収入だけで現在生活が出来ているのであれば、あえて死亡保険にはいる必要がないかと考えます。ということは、入院保障の保険で奥様の保障をカバーするということになります。

具体的にどういった保険がよいかということですが、比較的安くてお勧めなのが共済系の保険です。たとえばコープや〜共済といったところで用意している保険なのですが、安いものは2000円くらいから入院保障や女性特有の病気の保障がついたものがあります。この保険、返戻金などの設定はないのですが、保険の目的が入院時の経済的不足をカバーすることを前提にするならば、健康時の毎月負担は軽いほうがいいはず。

安い保険が悪い保険ではないということです。ちなみに、ご自身の入っている保険、証券を出してみてそれと同じ商品のHPを見てみてください。いまでは、自分でHP上で設計できるようにデザインされているページが多いので、そこで「特約ぬき」の「主契約のみ」で設計しなおしてみると、ものすご〜く安くなったりするんですよ。ですので、出来る限り余計な贅肉を省いた、本当に必要な保障をこころがけてみてはいかがでしょうか。

さらに一部の情報で、一世帯あたりの毎月の平均保険料が58,860円だということも耳にしたことがあります。これをたとえば、35年間続けていくと仮定すれば、合計金額で

35年(420ヶ月) × 58,860円 =

24,721,200円(!)

ということになります。東京23区以外なら家が一個買えてしまうほどの金額です。

これがたとえば、保険の金額が17,000円になったと仮定すると、

35年(420ヶ月) × 17,000円 =

7,140,000円

となります。毎月だと気づきにくいかもしれませんが、その差は

約1,758万円

ということになるわけです。老後を迎えたときに

「はぁ〜、あのときに保険を見直していたら世界一周旅行に今頃夫婦でいけたね」

なんて話になってる可能性が大です!(笑)

話を奥さんの保障にもどしますが、共済などの医療保障などになると、それに特約として100円を追加で出せば、家族に対して最大1億までの損害賠償責任保険がつけられるなど、特典があります。これは、たとえばマンションの窓から物を落として誰かを怪我をさせただとか、子供が遊んでいたらほかの子供に怪我をさせたなど、突然の事故などに対応します。たまに人の保険を見ていると、これだけでン千円なんて払っている場合もありますので、こういう形でまとめてしまうこともありではないでしょうか。高ければよい保険というわけでは実はなさそうなので、この際じっくり保障内容を見直してみることをおすすめします。

一覧に戻る

なぜ生命保険なのか ≪戻る

60秒で簡単入力 会員登録はこちらから
今月の残り登録可能人数:4
丁寧にご案内させて頂くため、
月の登録人数に上限を設けております。

会員登録後に閲覧できる物件が
倍以上になります!

物件検索
住所から絞込む
 
路線から絞込む
 
他の条件から絞込む

なし
なし
スタッフ紹介 採用情報 無料FP座談会 リフォームサービス 自然素材で建てた家 買取くん 売却賃貸検索 不動産購入術 不動産・住宅に関するご案内 不動産コラム 会社案内

店内はウッド調で明るいオフィスです!

会社案内